注目キーワード
  1. 浮気の証拠
  2. 探偵の選び方

【完全版】探偵の選び方|信頼・費用・調査力で比較する際の大事なポイント

探偵に浮気調査や人探しを依頼する際、できれば信頼できて、費用の安い探偵に依頼したいと思うことが多いと思いますが、その際の探偵の選び方を熟知している方はまずいないと言っていいでしょう。

もしあなたが、

  • 浮気の証拠を掴みたい
  • 浮気の有無をはっきりさせたい
  • 不倫の証拠を掴んで離婚を有利に進めたい など

こういったことを考えているのであれば、今回の探偵の選び方を解説した記事は大いに役立つものになるでしょう。

探偵に調査を依頼した結果、あなたの人生が大きく左右する可能性も十分にありえるので、実際に依頼する際には慎重に選ばなければなりません。

今回はそんな悩みを抱えた方に、探偵選びに失敗しない為にどう言った視点を持っておけば良いのか、選んではいけない探偵業者の特徴など、探偵を選ぶポイントをまとめてみました。

信頼できる探偵の選び方|悪徳探偵かどうかを見極める8つのポイント

探偵の費用は決して安いものではありません。さらに、どうせ頼むのであれば信頼のおける探偵に依頼した方が後々のトラブルを防ぐ結果にも繋がることをまずはお伝えしたいです。

現在、国内の探偵社の約5000を超えており、今後も「調査したい」というニーズがある限りどんどん増えていくことが予想されます。調査のプロを選ぶ選択肢が増えることは、喜ばしいことだとは思います。

しかしそれは逆に、私たち自身で探偵事務所を選び出すのが難しくなっていると言い換えても良いでしょう。とは言っても、いつの時代も信頼性の高い探偵を見つけ出すポイントは変わりません。ここではそのポイントを解説していきます。

誇大広告を行なっていないこと

例えば、「成功率100%」というのは明らかな「景品表示法違反」となり、罰則の対象です。なにをもって100%の成功と言うかという問題はありますが、いずれにしても信用できる要素は少ないと思って良いでしょう。

探偵業届出証明書があること

これは探偵業を営んでいることを証明する書面のことです。2007年6月1日に探偵業法が施行され、探偵は警察の監視と法律に基づいた業務を行わなければいけませんので、公表されている「探偵業届出番号」を確認してみてみましょう。

(探偵業の届出)
第四条 探偵業を営もうとする者は、内閣府令で定めるところにより、営業所ご とに、当該営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会(以下「公安委員会」 という。)に、次に掲げる事項を記載した届出書を提出しなければならない。こ の場合において、当該届出書には、内閣府令で定める書類を添付しなければならない。

引用元:探偵業の業務の適正化に関する法律

行政処分の有無

過去に「探偵業法」に背いて処分を受けていなかったかも必ず確認しておきましょう。処罰にもランクがあり、「営業停止命令」なのか、「営業廃止命令」なのかでもだいぶ違います。停止や廃止に追い込まれた探偵社は警視庁に3年間公開されていますので、この探偵には依頼をしないほうが良いかと思います。

オフィス雨宮 第30120388号 営業停止命令 平成29年1月13日
イーパートナーズ 第30130227号 営業停止命令 平成28年12月16日
HORIZONリサーチサービス 第30160201号 営業停止命令 平成28年10月21日
株式会社櫻国際総合事務所 第30140200号 営業停止命令 平成27年4月24日
総合探偵社ONE LINE 第30140287号 営業停止命令 平成27年2月27日
グローバルエージェント 第30140033号 営業停止命令 平成26年5月9日
あすなろ総合調査 第30130314号 営業停止命令 平成26年1月24日

参考:警視庁|探偵業法に基づく行政処分

事務所が存在していること

探偵業法が施行され、探偵業の届出が必要になった以上、特手の住所を構えた事務所を持つことが必須になっています。もし事務所に直接出向くことを伝えても、いや大丈夫ですなどと言われたら、ちょっと怪しいですね。

打ち合わせの段階で会えるかどうかも重要

上記の事務所の存在などに関連してきますが、浮気調査を行う際は詳しく相手のことを知る必要もありますし、かなりセンシティブな問題でもありますので、メールや電話のやりとりだけで終わらせることは少ないと思っていいでしょう。

調査報告書のサンプルを見せてくれること

かなり専門性の高いものになりますが、

  • 一目見れば誰と誰が会っていたのかがわかる
  • 密会していた際に何をしていたのかが具体的にわかる
  • どっちとも取れるような曖昧な表現がない
  • 写真やビデオにブレがなく個人が特定できること など

このようなことに注目して見せてもらうのが良いかと思います。

契約書を交わすかどうか

依頼人からしても身元がバレたくないという思いがあるかもしれませんが、契約書はある種の信頼関係の証でもありますし、どちらかがその義務を怠れば処罰の対象にすることもできます。

調査方法の説明があるかどうか

重要視すべきは調査員の数です。調査人数が増えればその分調査費用がかさんできますし、尾行などを行う際はだいたい2人1組で行うのが基本です。探偵事務所の調査方針によっても変わってきますが、「基本は2人以上で行います」という回答が得られることが、一定の信頼を得られる一つのポイントになるでしょう。

探偵として正当な業務を行なっていること

探偵であっても不当な行為というものが存在します。

  • 別れさせ屋
  • 別れさせ工作
  • 復縁・復讐代行
  • 盗聴器の設置や盗聴行為 など

こういった仕事を引き受けている業者は、探偵や興信所として「探偵業届出証明書」を持っていても、真っ黒ですから注意が必要です。

【関連記事】

 

電話で相談したい旨を伝えた時の選び方

インターネットなどである程度の探偵事務所を絞れたら、次に電話をかけて簡単に話を聞いてみましょう。まずは電話で無料相談ができる事務所は多いので、まずはいろいろと気になっていることを相談してみましょう。

料金や費用を答えない探偵はヤバい

電話をかけてみて、応対時に料金などをはっきり答えないと答えてくれない探偵もやっぱり信頼性は薄いと言えます。ユーザーから不当に料金を騙し取る可能性が非常に高いでしょう。

とりあえず来社させようとするのも注意

また、是が非でも一度事務所に来させようとする場合は気を付けた方がよいでしょう。事務所に来させて無理やり契約させられてしまう場合もあるからです。

 

調査力で探偵を選ぶ際のポイント

探偵に依頼するとなればやっぱり調査力が高いことも重要ですね。

機材の性能が高いこと

もっともわかりやすく調査能力を判断できるのは、撮影や動画を撮る際の機材の性能です。例えば、真っ暗な光源もないような場所での撮影可能な機材を持っていたら、夜中でもバッチリ写せる証拠写真や映像を残すことができますね。
参考:機材の性能が高いこと

尾行能力の高さ

尾行における最も有能なスキルは存在感のなさを持っている調査員と、車やバイクなどを使った尾行を行う際、数10m〜100m単位で離れても撮影できるなど、難しい条件下でも対応できる実力を持っていれば調査能力はかなり高いと言っていいでしょう。

代表や調査員の卒業した学校

実は探偵になるための専門学校というのが存在します。ひと昔前まで、探偵歴数10年というのが、調査力を示す上では重要な意味を持っていましたが、今は探偵事務所を経営している方や所属している調査員が出た探偵学校に現代にマッチしたような講義あるというのが重要です。
参考:探偵を浮気調査の調査力で選ぶに知っておくべき5つ選び方

 

実際に面談に行ったときの選び方

次に、実際に電話をして、探偵事務所に足を運ぶことになった場合に見るべきポイントをお伝えしていきます。

オフィスで見るべきポイント

まず見るべきは「面談場所」です。面談場所は面倒でも探偵事務所のオフィスに行くべきで、この段階で事務所があるかどうかを判断できますし、何かのトラブルになってしまったとき、所在が明らかでないと不都合なことも出てきてしまいます。

探偵業届出番号の存在

事務所内には目立つ位置に必ず探偵業届出番号があります。ホームページ上の情報だけでなく、事務所に相談に行った際に実物もチェックしておきましょう。

調査報告書のサンプル

実際の調査で過去に提出した調査書類のサンプルを見せてもらいましょう。実際に裁判でも使えるかどうかの判断は素人には難しいかもしれませんが、客観的に見て、これじゃ何が写っているか全くわからないと言うものでなければ一応は安心です。

 

探偵の調査料金の相場から判断する選び方

主な探偵事務所の料金体系を下記の表にまとめました。

探偵社名 総合探偵社アムス
調査項目 基本調査費用
浮気調査 素行調査 調査員1名1時間
7,500円~
行方調査 婚前調査
探偵社名 総合探偵社TS
調査項目 基本調査費用
浮気調査 不倫調査 調査員3名〜6名
1時間16,200円
探偵社名 東京探偵社ALG探偵社
調査項目 基本調査費用
全ての調査 6,000円/時
(調査員1名)
盗聴器発見調査 1R~2DK 30,000円~
セクハラ
パワハラ相談
10,000円~
人探し
家出人調査
100,000円~
探偵社名 HAL探偵事務所
調査項目 基本調査費用
浮気・不倫調査 6,000円/時〜
結婚前調査 300,000円〜
GPS調査 4,900円/日〜
盗聴器発見調査 25,000円〜
企業・個人信用調査 30,000円〜
家出・行方調査 120,000円〜
ストーカー嫌がらせ調査 30,000円〜
上記はすべて料金後払い制
探偵社名 響Agent
調査項目 基本調査費用
全ての料金 15時間まで(調査員1名)6,000円/時〜
16時間以降:3,000円/時〜
備考 車両・機材費 調査中の経費は別途請求
探偵社 原一探偵事務所
調査項目 基本調査費用
浮気調査 人探し 基本料金:40,000円/日
調査料金:80,000円/日
調査員:3〜4名
※追加料金なし
家出調査 ストーカー
嫌がらせ調査
盗聴器発見調査 調査料金:80,000円/日
探偵社名 TIU探偵事務所
調査項目 基本調査費用
詐欺被害対策調査 1案件210,000円〜
ストーカー対策調査 63,000円/日〜
行方調査 1案件52,500円〜
いじめ調査 無償(条件あり)
盗聴器/盗撮機器調査 1案件5,250円〜
信用調査/身上調査 1案件12,500円〜
DV調査 63,000円/日〜
裁判資料の収集 1案件25,000円〜
特別調査 1案件50,000円〜
主要人物の特定犯罪性の有無暴力団など組織関与の有無 など
探偵社名 総合探偵社ガルエージェンシー
調査項目 基本調査費用
浮気調査 約10万円~30万円程度
行方調査 基本料金:8万円~
延長料金:20万円~+成功報酬
雇用・信用調査 基本料金:8万円~
盗聴発見 基本料金:3万円~
追加料金:2,000円~
探偵社名 SC探偵事務所
調査項目 基本調査費用 備考
浮気調査 7,000円/時~(調査員1名)
【当日料金/時間】
13時間~24時間以内:15,000円
7時間~17時間以内:20,000円
4時間~6時間以内:25,000円
3時間以内:30,000円
 ※交通費等別途請求。撮影機材代、フィルム代、テープ代、報告書作成代込み。 
人探し
家出人調査
150,000円~
成功報酬:300,000円~
探偵社名 RCL探偵事務所
全調査 基本料金:40,000円
調査料金:80,000円/日~
追加料金なし
探偵社名 アーカス探偵事務所
調査項目 基本調査費用
浮気・不倫調査
低料金パック
4,900円〜/時(調査員1名)
4時間:3.8万円
8時間:7.6万円
10時間:9.5万円
9800円/時〜(調査員1名)
2日〜4日間 15.2万円
3日〜6日間 22.8万円
5日〜10日間 38万円
浮気・不倫調査
成功報酬パック
【30日間】
調査料金:30万円~
成功報酬:30万円~
【60日間】
調査料金:60万円~
成功報酬:60万円~
探偵社名 探偵会社AG
調査項目 基本調査費用
浮気調査 10.8万円/日(3時間迄)
情報収集:ランクA~E
5,400円~10.8万円
■延長料金
1時間:3名|2.7万円
3時間:3名|8.1万円
人探し 基本料金7日間:10.8万円
成功報酬:5.4万円
【情報収集ランク】
A~E:5,400円~10.8万円
追加7日間:10.8万円
探偵社名 Akai探偵事務所
調査全般 4,500円/時〜(調査員1名)
完全成果報酬
お試し 3,000円/日
探偵社名 ステイシー総合調査室
調査項目 基本調査費用
浮気・素行調査 基本料金10,000円/時
(調査員1名)
【延長料金】
延長1時間:10,000円
車輌1台:8,000円/日
証拠撮影:8,000円/日
その他諸経費別途請求
行方調査 ○所在調査 ランクA
着手金:50,000円
成功報酬:50,000円
○所在調査 ランクB
着手金:100,000円
成功報酬:100,000円
○所在調査 ランクC
着手金:150,000円
成功報酬:150,000円
○所在調査 ランクD
着手金:30万円
成功報酬:20万円
盗聴・盗撮器発見 50,000円~
探偵社名 MR総合探偵社
調査全般 基本料金:無料
調査料金:2.1万円/時〜(調査員1名)

上の表が日本の主な探偵事務所の料金比較になります。まとめると・・・

  1. 単純な1時間単位の調査料金で選んだ場合:Akai探偵事務所
  2. 着手金(基本料金)の安さで選んだ場合:MR総合探偵社
  3. 成果報酬が良いなら:Akai探偵事務所

こんな感じになりますね。

詳しい内容は「浮気調査に強い探偵を料金で比較した場合の選び方|費用を抑えるコツは?」をご覧ください。

 

最後はあなたと探偵との相性で選ぼう

探偵を選ぶときは人柄もみて選ぶことをお勧めします。調査は短期間で終了するケースもあれば、長期続くケースもあります。そうなると意思疎通がうまくいかないケースも時々ありますから、ひずみが出てきてしまい、結果料金が多く発生してしまうこともあります。

あなたの考えがきちんと伝わり、人柄も信頼できる探偵に依頼すれば余計なストレスなく調査を進めてもらうことが可能になります。

 

自分で探偵を選べない場合

ここまで、より自分に合った探偵事務所を自分で選ぶためのポイントを説明してきましたが、「それでもたくさん事務所がありすぎて自分で選べない!!」という方もいらっしゃるでしょう。その場合は以下の3つの方法で探偵事務所を決めるのがお勧めです。

探偵の団体に紹介してもらう

一般社団法人日本調査業協会や、「全国調査業協同組合」「日本探偵興信所協会」では探偵の紹介や斡旋もおこなっていますので、公式ホームページへいって相談し、探偵を紹介してもらうという方法があります。

弁護士から紹介してもらう

離婚などを前提に浮気調査をしようとお考えであれば、弁護士に相談して探偵事務所を紹介してもらうということも可能です。
▶︎日本法規情報|離婚が得意な弁護士に相談する

浮気調査ガイドがおすすめする探偵から選ぶ

原一探偵事務所

創業42年、全国18拠点を持つ名実ともに業界を牽引する探偵事務所と言えます。浮気調査技術で選ぶなら原一探偵事務所以上の探偵はないと言って良いでしょう。テレビ番組「徳光和夫の感動再会!”逢いたい”」での番組制作協力でも紹介されている高尾行スキルと装備を持つ調査職人集団です。

原一探偵事務所
4.8

44年以上の運営経験のなかで、11万件以上の解決実績を積み上げてきた老舗探偵。業界トップの調査力を誇る。調査費用も良心的。

対応時間

24時間対応

調査料金

1日80,000円

探偵業届出

埼玉県公安委員会:第43070145号

住所

埼玉県川越市上寺山2-1

実績

累計解決実績110,000件以上

対応地域

全国対応

結果を出せる探偵事務所第1位獲得】業界を牽引する最大手の探偵事務所。

HAL探偵社

HAL探偵社
4.8

完全成功報酬の明朗会計で費用面も安心!そのまま裁判でも使用できる証拠集めに定評がある。相談は24時間365日、電話・メールどちらでもOK。

対応時間

24時間対応

調査料金

1時間6,000円(調査員1名)

探偵業届出

東京都公安委員会:第30150241号

住所

東京都新宿区西新宿3-10-4 ゼノン西新宿1階

実績

累計相談実績34,000件以上

対応地域

全国対応

調査成功率99.8%】全国に16支店を展開。完全成功報酬・後払い制だから費用面も安心。

総合探偵社TS

総合探偵社TS
4.5

【調査成功率98.4%】様々な解決実績を持った経験豊富なプロの探偵が、調査方法、法律、守秘義務を徹底的に厳守しながら調査します。

対応時間

24時間対応

調査料金

1時間16,200円〜(調査員3名〜6名)

探偵業届出

神奈川県公安委員会 第45180067号

住所

神奈川県横浜市中区住吉町5-64-1 石渡ビル606号室

実績

累計相談件数10,000件以上

対応地域

全国対応

夫婦カウンセラー/警察OBも在籍】浮気調査、結婚前信用調査、詐欺被害など幅広く調査を対応。

ISM調査事務所

ISM調査事務所
3.5

ISM調査事務所

調査満足度97%!良心的な価格設定。独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査が可能。尾行・撮影術から法令順守守秘義務の徹底、厳しい現場で経験を積んだプロ探偵集団。

対応時間

24時間対応

調査料金

1時間15,000円~(調査員2名)

探偵業届出

東京都公安委員会 第30140150号

住所

東京都新宿区新宿2-15-26 第三玉屋ビル9階

実績

非公開

対応地域

全国対応

50,000万円分の調査が無料】慰謝料請求の証拠だけではなく、復縁の相談も可能!

まとめ

いかがでしたでしょうか。良い探偵の選び方についてご理解いただけましたでしょうか。あなたの第二の人生をより良いものにするために、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

>浮気・不倫を認めさせるには探偵の力が重要

浮気・不倫を認めさせるには探偵の力が重要

現在国内の探偵社は5500事務所以上。選択肢が増える反面、「いったいどの探偵に相談したら良いのか」信頼できる探偵事務所の比較方法や選び方がさらに難しくなっていくでしょう。 信頼できる探偵事務所とはいったい何を見て判断するのか、悪徳な探偵事務所を見分ける、比較のコツなどをご紹介します。

CTR IMG