注目キーワード
  1. 浮気の証拠
  2. 探偵の選び方

浮気調査に強い探偵の選び方|調査力を判断する5つのポイント

探偵に浮気調査を依頼する際、できれば調査力の高い探偵に依頼したいと思うのは当然かと思います。旦那や妻の浮気現場を覗こうと言うのですから、中途半端な調査をされてもたまりません。

もし、浮気調査中の現場を見られてしまうような素人の調査員も避けたいですし、やるからには確実に証拠を掴める探偵がやはり良いです

では、調査力のある探偵を選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。今回は浮気調査を行う際に、調査力のある探偵を選ぶために必要な知識をご紹介していきます。

関連記事

探偵に浮気調査や人探しを依頼する際、できれば信頼できて、費用の安い探偵に依頼したいと思うことが多いと思いますが、その際の探偵の選び方を熟知している方はまずいないと言っていいでしょう。 もしあなたが、 浮気の証拠を掴みたい 浮気の有無をはっ[…]

 

浮気調査に強い探偵の選び方|高い調査力を判断するためのポイント7つ

「確実に証拠をつかみます」「成功率100%」といった探偵の広告を見たことはありますか。

もし本当に成功率100%なら何も心配せずにその探偵にお願いすべきかと思いますが、世の中に100%はありえません。そもそも何をもってして100%なのかがキーなのですが、確認すべきは「なぜ確実に証拠が取れるのか」という根拠を確認するのが、まずは最初にすべきことでしょう。

必ず複数人で浮気調査を行なっていること

ターゲットの尾行や張り込みなどが中心の浮気調査。浮気の疑惑があるパートナーの行動を尾行したり、予測される行動範囲に先回りして証拠の確保をするのが基本的な流れですが、浮気中のパートナーはかなり警戒をしながら行動をします。

例えば同じ車種の車で何時間も尾行をしていると、『後ろの車ずっと付いて来ている』と、感づかれる可能性が高くなります。そこで、調査は複数人で行うことが浮気調査においては非常に重要になります。

もちろんケースバイケースになりますが、探偵事務所の調査体制として、2名以上の体制で調査を行っていることが、浮気調査に強い探偵であるという一つの判断基準になります。

浮気の証拠が確実に『不貞行為』があったと証明できるものであること

浮気・不倫の証拠能力として高いとされているものは、

  1. 浮気相手と一緒に顔写真が写っているもの
  2. 不貞行為があったと確実に判断できるもの
  3. 浮気相手との動向を時系列にまとめたもの
  4. 浮気相手とのやりとりを書面、スクショ等で保存したもの
  5. 浮気をしていると認めた音声

などです。このなかでも特に重要なのが『不貞行為が確実にあったと立証できるもの』になります。つまり、単純にパートナーと浮気相手が一緒に歩いている写真だけでは、たとえ顔が写っていても不貞の証拠にはなりません。

浮気をしているかもしれないという疑惑の写真にはなりますが、不貞行為をしているかまでは判断できませんので、この程度では証拠というには不十分です。

  • 良い例
    • ラブホテルに出入りしている写真・映像
    • 浮気相手との旅行・宿泊中の写真・映像
    • カーセックスの写真・映像
  • 微妙な例
    • シティホテルの出入りの写真・映像
    • 浮気相手の自宅の宿泊や出入りの写真・映像
    • 浮気相手と手を繋いでいる写真 など

浮気に詳しい専門家でもこの辺りの証拠について判断が甘いケースがありますので、『その証拠で何が証明できるのか?』を確認しましょう。もし証拠能力としては不十分な場合、しらを切り通されたら終わりですので、そのあたりをシビアに考えている探偵を選ぶべきでしょう。

機材の性能が高いこと

わかりやすく調査能力が判断しやすいのは撮影や動画を撮る際の機材の性能でしょう。例えば、真っ暗な光源もないような場所での撮影可能な機材を持っていたら、夜中でもバッチリ写せる証拠写真や映像を残すことができますね。

そもそも、日中に浮気や不倫をする方と夜中に浮気をする方の割合はどの程度なのでしょうか。株式会社MRが2011年11月に出したプレスリリースによると、残念ながら割合まではわからなかったものの、1回に会う時間は3時間〜5時間というアンケート結果があります。

【Q.1 浮気・不倫デート1回につき、何時間程度一緒にいますか?】
300 人の回答の中で一番多数を占めたのが3〜5 時間でした。いわゆる“お泊まりコース”である6〜8 時間と答えた方は意外にも割合が少ない結果となりました。

  • 3 時間以下7%
  • 3〜5 時間0%
  • 6〜8 時間3%
  • 10〜15 時間7%
  • 16 時間以上3%

引用元:不倫相手と過ごす時間は3〜5時間が多数。意外に少ないお泊まりデート

この程度の時間ということは、1日中一緒にいることは考えられませんので、仕事終わりに会ってホテルに行くか、ご飯を食べて帰るという選択肢が多くなるのでしょう。この辺りもMRさんがアンケートで聞いています。

【Q.3 浮気・不倫相手とは、どんな所へ行きますか?よく行く場所全てお答えください】
やはり多いのはダントツで「ラブホテル」。中でも、渋谷が1 番多く、次いで新宿、池袋との回答を得られました。デートコースは「食事、カラオケ」→「ラブホテル」がほとんどを占めましたが、中には「上海のホテル」「三田の秘密のマンション」といった、想像を膨らませる回答もみられました。

【比較的多い回答例】

  • 池袋での食事やホテル…エンジニア(46 歳)
  • 渋谷のカラオケ、神泉のラブホテル、彼女のマンション…メーカー事務(46 歳)
  • 銀座のレストラン、居酒屋、赤坂のホテル…IT 関連営業(46 歳)
  •  新宿の居酒屋・カラオケ・ホテル…システムエンジニア(48 歳)

【少数派回答例】

  • バンコクのレストラン、ナイトスポット…会社経営(46 歳)
  • 横浜ベイサイドのホテル、三田マンション(秘密マンション)…通信業経営(48 歳)
  • 中国広東省…製造業(37 歳)

引用元:不倫相手と過ごす時間は3〜5時間が多数。意外に少ないお泊まりデート

つまり、撮影する時間帯は夜が多いということが予想されますので、少ない光源でも撮影できるカメラやビデオを持っていることで、より困難な場所でも証拠を取りやすいという調査能力の高さが伺えます。

どんなスペックがあれば良い機材と判断できるのか?

一概には言えませんが、あなたが聞いたこともないようなカメラであることが多いでしょう。ソニーやニコンなどの一般消費者向けのカメラではなく、「ワテック社」などのカメラを使っていることが多いです。

また、これ単体だけではなく「ナイトビジョン」といった機能のついた機材や高性能の望遠レンズなども使用していますので、素人目にはよくわからないかもしれません。そういった場合は、実際に撮った写真を見せてもらいましょう。

ハンディカメラを出していたら要注意

一眼レフカメラをもっていたからと言っても安心はできません。プロとして最低限必要な機材ではありますがフルサイズ機(APS-H)を所有していればまだあれですが、望遠レンズなどの小道具もないようであれば話にならないでしょう。

引用元:Akai探偵の調査力

尾行能力の高さを判断するには?

尾行にも色々ありますが、尾行における最も有能なスキルは存在感のなさです。あのハンター×ハンターでもやっていた「絶」。日常の中に溶け込む能力を持っている調査員が一人でもいれば安心ですね。

どうやって見分けるのかわからない場合も大丈夫です。一度会えばすぐにわかります。私も一度そのスキルを持った方にお会いしたことがありますが、本当にすごい存在感のなさなんですが、文字で伝えられないのが残念です。。。

話が逸れましたが、尾行はあまりにも近い位置で行うとバレてしまいますから、車やバイクなどを使った尾行を行う際、数10m〜100m単位で離れても撮影できる、ターゲットを見失わないなど、難しい条件下でも対応できる実力を持っていれば調査能力はかなり高いと言っていいでしょう。

成功率100%と言うのであれば何が成功の定義なのかを確認する

浮気調査を行うにあたって、どのような調査をして現場を押さえるのかと言う話ですが、一般的に、探偵の調査能力は下記の項目で判断することができます。

  • 尾行
  • 撮影
  • 機器の性能
  • 調査員個人の力量
  • 調査員の数

これはあくまで一般的な話で、個々の探偵によって調査の方法が違って来るかとは思いますが、100%の調査力を謳う理由も、これらの調査方法を駆使して言っているはずです。

ここで確認すべきは「調査の成果地点」です。もし、調査の結果証拠が出てきたらそれはそれで成功ですし、逆に証拠が何も出てこなくても「旦那や奥さんは浮気をしていない」という事を成功にしている可能性もあります。

この何をもって成功というかは探偵事務所それぞれで決めているため、実際に打ち合わせなどで事務所に足を運んだ際は、成功の定義を必ず確認しましょう。

仮に「証拠が出ても出なくても成功」といったニュアンスがあれば、その探偵事務所に調査能力を期待してもあまり納得はできないかもしれません。

代表や調査員の卒業した学校で判断する

実は探偵になるための専門学校というのが存在します。代表的なのは1992年開校の「ガル探偵学校」です。一応日本で最初の探偵養育専門校としてスタートし、東京校・大阪校・福岡校・名古屋校・仙台校・札幌校・広島校の7つに分校が配置されています。

こんな感じで今ではいくつかの探偵養成学校があります。ひと昔前まで、探偵歴数10年というのが、調査力を示す上では重要な意味を持っていましたが、近年では電子機器の発達によって、機材の扱い方やインターネットに如何に触れているかなどが探偵の必須スキルになってきています。

つまり、探偵事務所を経営している方や所属している調査員が出た探偵学校に現代にマッチしたような講義がなければ、今の世の中に対応できていない可能性があるということです。

もちろん、卒業後に独自の勉強などをしているとは思いますが、少ない講義数や実習数しかない探偵学校ではスキルが追いつかない、単純なお金儲けのために開講してんじゃないかという判断もできるでしょう。

弁護士との繋がりや調査員同士のチームワークがあること

横のつながりとは、例えば弁護士などと協力できる体制があるかどうかなどです。浮気調査をする以上、夫婦のどちらかが慰謝料を前提とした離婚を考えているケースも多いですし、浮気調査で得た証拠をとりあえず取っておいて、あとで離婚請求をしようと考えているケースもあるでしょう。

どちらが良いかの判断は、最終的には本人の意志かもしれませんが、離婚分野に明るい弁護士であれば、一番良い判断は何なのかにも相談に乗ってくれますから、調査員のチームワークや、弁護士や他の専門家との協力体制が築ける探偵事務所は、総じて調査力も高まっていく傾向があります。

厳選!浮気調査に強いおすすめの探偵事務所3選

最後に、今回のような項目を満たした調査力が高く、コスパの良い探偵を3つ選びましたので、参考にしていただければ幸いです。

創業41年の老舗|原一探偵事務所

創業42年、全国18拠点を持つ名実ともに業界を牽引する探偵事務所と言えます。浮気調査技術で選ぶなら原一探偵事務所以上の探偵はないと言って良いでしょう。テレビ番組「徳光和夫の感動再会!”逢いたい”」での番組制作協力でも紹介されている高尾行スキルと装備を持つ調査職人集団です。

調査能力:★★★★★
経験  :★★★★★
アフターフォロー:★★★☆☆
費用  :1日80,000円〜
▶︎事務所の詳細はこちらから

ISM調査事務所

全国を網羅する強固なネットワークで、北海道から沖縄まで全国で調査可能。相談は24時間、何度でも無料です。対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び、過酷な現場で経験を積み上げてきたものばかり。探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキルであったり、法律の知識も当然かね備えております。

調査能力:★★★★★
経験  :★★★★☆
アフターフォロー:★★☆☆☆
費用  :1日80,000円〜
▶︎事務所の詳細はこちらから

弁護士が運営する探偵事務所|響Agent

今回最後にご紹介した項目である、弁護士との連携をこれ以上なく明確に示している探偵事務所と言えます。代表が弁護士の西川研一という先生で、弁護士法人響という弁護士事務所を経営しています。探偵業界というちょっと怪しい職種の方々でも弁護士がいることで、相談のしやすさという面では「響Agent」以上はなかなかなないと言ってもいいでしょう。

調査能力:★★★★★
経験  :★★★★☆
アフターフォロー:★★★★★
費用  :2万円〜3万円/時間
▶︎事務所の詳細はこちらから

 

まとめ

今回は調査力という観点から探偵の選び方を考えていきましたが、やはり実際に行ってみて、自分の目で判断されるのが一番かと思いいますので、相談だけは無料ですから、いくつかの探偵事務所を回ってみても、よいかもしれませんね。

>浮気・不倫を認めさせるには探偵の力が重要

浮気・不倫を認めさせるには探偵の力が重要

現在国内の探偵社は5500事務所以上。選択肢が増える反面、「いったいどの探偵に相談したら良いのか」信頼できる探偵事務所の比較方法や選び方がさらに難しくなっていくでしょう。 信頼できる探偵事務所とはいったい何を見て判断するのか、悪徳な探偵事務所を見分ける、比較のコツなどをご紹介します。

CTR IMG